運転と事故の危険を科学する Vol.3

『運転と事故の危険を科学する』3回目は✧視機能と危険な錯覚✧

①スピードと視機能の変化

速度をあげるほど目の機能は低下します!! 視力は低下し視野も狭くなるのです!!視野の範囲は静止状態で200℃あるものが 時速70㎞では約65℃に 時速100㎞では約40℃程度まで狭くなるのです!!さらに色彩まで確認出来るのは左右それぞれ35℃なでと言われています!

 

②夜間走行時に生じる現象

ライト点灯時には✧蒸発現象に要注意!!

蒸発現象とは自車と対向車のヘッドライトが交錯することにより 道路中央付近の横断歩行者が見えなくなる現象のことを

さします↷特に雨の日は歩行者を見落とす危険が高まるので要注意✦✦

 

③視覚から得た情報の判断を誤る危険

カーブミラーの錯覚に注意!!!

カーブや交差点で車両や歩行者の確認の助けとなるカーブミラーですが 思わぬ落とし穴が!!

凸面のミラーに映る像は 手前にあるものが遠くに見えることがあるそう・・・死角にも十分注意が必要です!!

カーブミラーを過信せず 目視での安全確認も合わせて行うことが重要ですね♪

 

お問い合わせ

横浜市保土ヶ谷区狩場町210

℡:045-711-0399

Fax:045-711-1792

営業時間:9:00 ~ 18:00

      (月~土)

定休日:日祝祭日

車のことなら何でも ! ! 

お気軽にご連絡下さい

お電話か☚左の 

『お問合わせ』フォームより
ご連絡ください♪

What's New

✦おすすめ商品✦

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

エアコンの使用頻度が増える
この時期のおすすめ№1♪

⋆Twitter⋆

✪Twitter✪フォローはこちら

@suzukimotor_yで今すぐ!!